人それぞれで面白い スキンケアの体験談

古い角質とスキンケア。古い角質は汚れ?

肌の表面には古い角質が層のようになって存在しています。この部分を「肌の汚れ」と思って一生懸命落とそうとしている人は考え直した方が良いでしょう。古い角質があまりに多く、ぶ厚すぎる場合は問題です。毛穴が塞がってしまうかもしれないし、肌もごわごわになってしまいます。古い角質は多すぎると肌のターンオーバーも妨げてしまうし、よくありません。だからそういう場合はスキンケアで古い角質をある程度取り除いた方が良いでしょう。けれど、だからって古い角質を全部取ってしまえばいいってわけではないんです。古い角質はバリアの役割も持っているので取りすぎてしまうとできたばかりのか弱い肌がむき出しになってしまい、肌荒れになります。

だから古い角質は適度にある方が良いんです。無理にスクラブやピーリングで古い角質を取ってしまうと顔の皮膚が薄くなりすぎてしまい、シワやシミに弱くなってしまいますよ。肌が薄いと様々な問題が起こるので気を付けてくださいね。皮膚がぶ厚すぎるのももちろん問題ですけどね。自分の肌がぶ厚いのか薄いのかを知りたいのであれば、一度皮膚科などで診てもらうと良いでしょう。エステなどで見てもらっても良いです。肌の状態を知っておくことはスキンケアにとって非常に重要なことですし、皮膚がぶ厚いか薄いかを知っていないとどんなスキンケアをしたらいいのかわからなくなりますからね。調べてもらった方が色々な面で安心だと思いますよ。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 人それぞれで面白い スキンケアの体験談 All Rights Reserved.